FC2ブログ
何をやっても3日坊主。何かひとつ・・・・・・
2019年11月08日 (金) | 編集 |
先日から義姉が旅行へ行きました
なので義両親の薬の管理をしなければ・・・
なんですが
大したことはなくて
毎朝、電話をすればいいということなので
朝出かけに電話を入れます

ただ
「〇日の薬を飲んで!!」とだけ言って
電話を切ってほしいとの要望があり
それ以外は話さずに切ってます
他の話をすると
薬のことが飛んでしまうということなのでそうです

義姉の旅行中に私も休みがあるので
ちょっと見に行こうか?と話したら
土曜日の夕ご飯だけ困ってるから
なにか持って行ってくれる?と言われたので
明日はお惣菜を買って
ちょうど主人も仕事が終わり時間なので
主人を拾って、一緒に実家まで言ってくる予定です

その日はデーサービスがあるので
デーサービスから帰ってきてから
「あ~ぁ、今日は夕飯のおかずがないな」
と思って、買ってきたり作ったりしないかだけが
心配です
話してはあると思うのですが
すっかり忘れてしまうので
デーサービスから帰ってくる時間をねらって
電話をしなければいけません

いったいどれくらいのことを覚えてて
忘れてしまうのか、不思議です











スポンサーサイト





2019年10月01日 (火) | 編集 |
主人の両親をいずれ施設へ入れなければならに時のための施設の見学へいってきました
やはり姉の希望は自分が通いやすいところ
姉は車にのりません
自転車移動ということにしぼると
数少なくなります

昨日は有料介護付き老人施設を2軒と
特別養護老人施設を一つみせてもらいにいきました

主人と近いだろうということで
選んだ3軒

それぞれ建物の雰囲気とか
スタッフの雰囲気とかちがうわけで
姉は特別養護老人施設が気にいったようでした
総合的にみてやはり私もそこが1番だと感じます
金銭的なものもとても大事
姉は街中に住んでいるので
一つは駐車場も有料になっていて
建物自体もせまく上に積まれてるという感じで
圧迫感がありました
もう一つは日々の生活のなかに
刺激がなさそうなので1日中
ぼーっと過ごすのかと想像ができそうで
それに何かとプラス料金になるので
ちょっと不安

特養は待ち人数が多いのがうなずける
料金が約半額で
そこは多床室でも間仕切りが壁になっていて
個室と思っていいくらい
広々としているし
ティータイムやおやつタイムがあって
部屋から出してくる時間も多いし
現実部屋から出ている人達が結構いました

ここは介護3にならないと入れないので
そして順番待ちという難題があるので
なかなか入れないですが
でも一つ分かったことは
慌てて申し込まなくても
どうしても困ったときに申し込んでも
状況次第で順位が繰り上がるということ

老々介護をしている現状で
義母の認知が進み
義父のお世話ができなくなったら
考えるという義姉の考え
昨日はなんとなくわかった気がして
自分の中ですっきりしました

そうそう昨日は義両親と義姉と近くに外食へ行きました
義母は最近あるものは全部食べちゃうんだそうです
なので顔が丸々太っていました
昨日も自分はそう食べれんとかいいながら
うちの主人に半分食べてもらったにもかかわらず
隣の義父の料理を物欲しそうな目で見てるから
義父がひとつあげたり
そうかと思えば
義父の海老天を勝手に半分ちぎって
たべちゃったり(-_-;)

目の前の自分のものよりも隣が気になって
人のものばかり食べてました(笑)

みてるとほほえましくも見えますが
これも毎日だとやはりお世話は大変かな~
義父の足もぱんぱんにむくんでいて
びっくりしました
どうなるんだろう・・・・・









2019年09月11日 (水) | 編集 |
主人の両親の介護認定が
更新されたようです
でも、父が要介護2、母が要介護1
え~?こんなもん?って私は不満でしたが
義姉はどう思ってるのでしょうか?

会社の人の話を耳にはさんだのですが
要介護3は
トイレの介助が必要は人ってことでした

義父はトイレまでは自力で行けるみたいなのですが
間に合わなくて途中で漏れてしまうみたいで
これを頻繁に取り換えたり
洗ったりするのは認知症の義母

その前にどうして紙おむつを常にはかないかなって
思うんですが私には不明

義姉は両親のことを思ってか
あまり手を出さないようです
自分たちのことは自分でというので
義父の世話は義母にやらせているみたいです

私にはたぶんできない
手を出してしまうだろうなと思います

老人施設の見学のこと
姉から適当によさそうなところに
予約をしといてということでした
主人がすることになってます












2019年07月21日 (日) | 編集 |
この度介護問題が浮上してまいりました(;^_^A
今まで全面的に義姉に押し付けていた問題です
そろそろ義姉も限界ということで
義姉の本音が漏れ聞こえてきました

直接に話はこなくて
義姉の娘とうちの娘の会話を通して聞こえてきたんです

つい先日義姉に電話をしました
それを知る前の話です
老人施設を探してほしいと頼まれたんです
その返事を兼ねて電話をしてみました

その時の感じはまだそれほど
急を要してないという状況を言われ
私は、そうなんだ~と
反対に肩透かしを食ったような気分になりました

でもでも本音は違うらしいのです
そのあたり義姉は私に遠慮をしていると聞かされました
私よりも主人にもっと手伝ってほしいということなのです
なぜならば自分たちの親だから・・・なのですって

どうしようどうしようって今までは
他人事のように考えていましたが
ちゃんと会って本音を話し合わないと
いけない時期になってきたんだと思います

主人はまるっきり義姉を今でも頼っていて
老人ホームを探すときも
少しでも義姉のうちの近くにと
私に言いました

でもそれも義姉の本音は
せめて我が家との中間地点とかの
我が家の方でもいいのにと
思っているようです

私の本音としては
もう少し手を出したいと思ってます
でも頼りにはされてないし
手を出してほしくないのかなと
忖度しています


費用の面もあるし
困ったなって
今のうちの事情です