FC2ブログ
何をやっても3日坊主。何かひとつ・・・・・・
2017年03月28日 (火) | 編集 |
2~3日前から背中が痛くてクリニックへいったところ何だか難しいことを言われたけど
簡単に言うとおできができていて外科へ行っておいでと言われその足で外科へ行ってきました

背中なので自分でみれなかったのですけど
ひどく膿んでいて切らないと治らないそうで
プチ手術してもらいました

外科の先生も優しい先生です
あなたのはきれいにとれましたと
なんだかぷるんぷるんの袋をみせてくれました(;^ω^)

今はテーピングしているので
昨夜はシャワーもあびれず
今日もお風呂は無理なのかなあ


内科では先月の血液検査の結果をもらいましたよ~
LDLコレステロールが121mg/dL
基準範囲内にはおさまってたのでとりあえずは
ほっ
先生は120mg/dLまでに抑えたいといっていましたが
いいでしょ~これで!


酢玉ねぎがなくなったので今日は作り置きをしなくては・・・



I finished 4 days of continuous days of work yesterday .

That was very tough.

I was very tired.

I'm going to bread baking class today .

The class will refresh me .


March 28 , 2017 ( Tue )


スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
痛い所をきれいに処置してもらってよかったですね。

4日続けての勤務お疲れ様でした。パン教室では実際に手で捏ねたりされるのでしょうか?体はお疲れでも、生地を捏ねたりバシーンバシーンと打ち付けたりするととストレス発散できますね。(私はストレス発散よりも機械に頼ることを選びましたが。)

ところで、酢玉ねぎとはなんでしょうか?玉ねぎを米酢につけておくのですか?何に使われますか?
2017/03/28(Tue) 14:42 | URL  | しょうが #-[ 編集]
しょうがさん
こんにちは
続けてこめんとありがとうございます

ハードな4日間でした~(;^ω^)パン教室はもちろん機械です!!手ごねは習いたての頃に1回しかやったことないです。でもふわふわな生地を触るととっても気持ちが落ち着きます。

酢玉ねぎはスライスした玉ねぎを酢とハチミツと塩で1~2日漬け込んでおいて、食べるんです。玉ねぎはコレステロールを下げる働きがある事は知ってましたが、酢に付け込んでおいて食べるのが流行ってます。玉ねぎは水にさらさない方がいいみたいです。一度作ると数日間は冷蔵庫でもつので、サラダのトッピングにしたり、付け合わせにしたりしたりして頑張らなくても食べれちゃいます。
玉ねぎ2個、酢25CC,はちみつ大2、塩小1、酒小1・・・・の割合で私は作ってます。
2017/03/28(Tue) 18:57 | URL  | ツインズママ #-[ 編集]
えぇ~???
背中なんて自分では見えない部分だし、何がどうなってたのか
怖いですねぇ~
でも、ちゃんと処置して貰って良かったです・・

ばい菌が入らない様に気をつけて下さいねぇ~
LDLは、もっと高い数値だったんですかぁ?
改善してるって事なんですよねぇ~
良かったですねぇ~酢玉ねぎ効果でしょうか・・

リン子も以前はLDLが100くらいあったんですけど
今は85くらいで落ち着いています・・
リン子の場合は甘酒効果なのかなぁ~って思います・・
健康が一番ですよねぇ~
頑張ってお互い健康になりましょうねえ~
2017/03/29(Wed) 00:31 | URL  | ポンデリン子 #-[ 編集]
ポンデリン子さん
おはようございます
いつもコメントありがとうございます

昨日もガーゼ交換行ってきました。初日よりも痛かったです。「局部麻酔が切れてますから」と平然と言われました(;^ω^)傷口をさわられるって想像しただけでもぞっとしてしまうので、ぎゅっと目をつぶって、寝そべってます。

LDLはもともと高かったのでしょうかねえ。昔の基準と違うので、治療を始めた時は総コレステロール値が異常で治療を始めたので、よく分からないんです。もう治療も長いので数値も忘れちゃいました。今はなんとなく基準値内におさまるようになってきたので、よしとします。薬のお陰なんですけど、薬を減らしたので、それでも数値が維持されてるってことは、甘酒と酢玉ねぎ効果と考えるべきでしょうか。
最後まで健康でいたいですね(*^-^*)
2017/03/29(Wed) 07:56 | URL  | ツインズママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック