FC2ブログ
何をやっても3日坊主。何かひとつ・・・・・・
2018年10月10日 (水) | 編集 |
亡き父は足が小さい人でした
男物の24.5センチってあまりないんですよ
私は反対に足もでかい
24.5センチでは最近では入らない(~_~;)

父が亡くなった時にこの靴なら履けるかもと
貰ってきて、少しだけ履きましたが
やっぱりつま先があたって長くは履いてられなかったのです(;^_^A

それから父の形見と思うと捨てがたく
5年間下駄箱に入れっぱなしだった靴です

娘が友達と山登りをするので
汚れてもいい靴が欲しいというので
父の靴を出してあげました
ひょっとしたら古いから靴底がベロ~ンって
めくれちゃうかもという不安もありましたが
サイズもちょうどいいというので
持っていきました

そして帰宅した靴がこれ
kutu20181010.jpg

底はめくれなかったけれども
つま先がだんだんはがれてきたらしいです
なんかこれでこの靴にもさよならできそうです

父に買ってもらったものがだんだんと壊れていきます
だんだんなくなってきました
物はなくなるけど思い出は残ってるから
いいよね







スポンサーサイト





コメント
この記事へのコメント
こんにちは。

お父様の思い出の靴が役に立ちましたね。娘さんと一緒に山登りに行けて、お父様も喜んでいらっしゃるでしょうね♡

それにしても、日本でも男性用の24.5cmは少ないのですね。小柄な方が少なくないので、普通にあるかと思っていました。
私もツインズママさんと一緒で足が大きいんです。24.5cmは小学6年生の時から日本にいる間ずっと履いていましたが、本当はとても足が痛かったんです。あの当時はそれより大きなサイズがなくて無理して履いていたので、外反母趾になってしまいました。
今は26〜26.5cmのを履いていますよ。(登山靴は28cmくらいです。)
2018/10/10(Wed) 13:34 | URL  | しょうが #-[ 編集]
こんばんは(^^♪
記事を読んで、ちょっと胸がキュンって
なりました(;^_^A
お父さんの思いでの靴なんですね・・
今まで大事にしてあげて、
娘さんと一緒に登山出来て、
きっとお父さんも嬉しかったんじゃないかな?

実家の父の事を思いました。
もうだいぶしょぼくれて来て
見てるのも辛いものがあるけど、
もう少し大事にしてあげないとって
自分をいさめました。

若いころより歳をとってくると
足のサイズも大きくなることありますよね!(^^)!
私も今までより少し大きめでないと
入らないことがあります(ノ´∀`*)
2018/10/10(Wed) 22:01 | URL  | 小手鞠 #v8cWyzVY[ 編集]
しょうがさん
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

晩年はあまり歩けなかったので、孫と一緒に山登りが出来たと喜んでいるといいなって思います(*^-^*)

しょうがさん足が大きいですね!私も昔は24.5センチも靴が数少なくて24センチを無理して履いたりしてて、とってもつらかった思い出があります。
今でもも靴を探すのにはとっても苦労します。その辺にある靴屋さんにはやっぱり大きいサイズの靴は少ないので、気に入るものはほとんどありません。そちらは大きいサイズも豊富のように思えますがいかがでしょう。
夏場はサンダルから少々足がはみ出ててもいいですが、冬用のパンプスなどは靴の中に足をおさめないといけません(~_~;)
そろそろ新しいパンプスがほしいです。
2018/10/11(Thu) 08:50 | URL  | ツインズママ #-[ 編集]
小手鞠さん
おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

父のものだと捨てがたいのですよね(;^_^A でもこの度は娘が履きつくしてくれたので気兼ねなく捨てられます。
ひとつづつ父の思い出のものが減っていくのですが、いたし方ないですよね。

若い頃はパンプスを履いてたので足も少しは小さくおさまってましたが、履かなくなって足を自由にさせてたら、昔のパンプはきつくて履けなくなりましたね。幅広だし、大きいしで、靴選びが苦痛なのです。
標準サイズの人をとっても羨ましく思います。
2018/10/11(Thu) 08:57 | URL  | ツインズママ #-[ 編集]
こんにちは。

きちんと手入れされ片付けられてた靴 
大切に保存されてたんが感じられます。

お父様がお元気なら ためらう事無く処分でしょう 
けど形見となると いろいろな思いおありだと思います。
形ある靴は朽ちていきましたが 
思い出は娘さんにも広がりましたね ^^ 
素敵です ( *´艸`)
2018/10/11(Thu) 16:56 | URL  | 夏娘 #4DxRGmhI[ 編集]
夏娘さん
おはようございます。
ちょっと肌寒い朝ですね。
いつもコメントありがとうございます。

物はいつかは壊れてしまうものですよね。終活の事をテレビでやっていたのをちらっとみましたが、自分の大事なものこそ捨てた方がいいようなことを言ってました。故人が大事にしていたものは残された家族はそれこそ捨てられないって言ってました。
この靴は日頃父が使っていたものですからね、娘が最後の最後につかってくれて、私もほっとしました。
昨日「ありがとう」と捨てました(*^-^*)
2018/10/12(Fri) 09:43 | URL  | ツインズママ #-[ 編集]
ちょっと泣きそうになっちゃった・・・
足の小さなお父さん、娘と一緒に山登りしたんですね~
やはり形見の様に持ってた物って
こんな風に崩れてきても、捨てると言う事自体に
抵抗がありますよねぇ~
でも、写真でも想いは残りますよぉ~・・
色んな角度から形見としての写真を撮ってちゃんと保存しとけば
それでも形見ではないかと・・

ツインズママさんの思い入れの分、
サヨナラするのは寂しいかな?
こんなに思ってくれてる娘が居てくれて
お父さんもきっと喜んでますねぇ~♡
2018/10/13(Sat) 15:25 | URL  | ポンデリン子 #-[ 編集]
ポンデリン子さん
こんにちは。
ちょっと秋が進んできて、風邪などひいてませんか?

今回靴は娘が最後にはいてくれたので、ブログというもので写真と気持ちを保存して、思い切って捨てました。
まだ帽子が残ってます。これも私の頭の方が大きいのか、きついんですよね~(;'∀')
なので置いてあるだけです。
少しづつ形あるものは姿を消していきますね。
たまに過去を振り返っては、感傷に浸る事、それだけでも父も喜ぶかと・・・・


コメントありがとうございました。
2018/10/13(Sat) 16:54 | URL  | ツインズママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック